相場でトレードをして稼ぐ際の注意点

私は投資はあまりお勧めはしないのですが、

経験と知識さえあれば、稼ぐ事が出来るのも事実です。

私は過去に、3000万円以上の現金を使って、FX、バイナリーオプション、仮想通貨取引を数年間していた事もあります。

さて、この相場の値動き、どうやって予測するかご存知ですか?

基本的には、世界的に使用されている、テクニカル指標を元に予想しているのです。

代表的なのは、各証券会社から無料ダウンロード出来るMT4(メタトレーダー)を使用して、そこに入っている各種インジケーターを使用します。

代表的なのは、移動平均線、RSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド等です。

このインジケーターの指標は、全世界共通の認識があり、だからこそその基本ルールに則って相場が値動きします。

相場は結局、人が動かしていますので。

そして、相場は、たまにその基本ルールを無視した動きをします。

それは、世界経済に影響を与える出来事をメディアが報じた時です。

代表的な例を挙げると、毎月、第1週目の金曜日に発表される、アメリカの雇用統計。

この時は数秒~数分間で、激しく値動きが発生します。

こういった経済指標の発表は、毎月定期的にあります。

他には、大地震、今回のコロナウィルス騒動、大統領選挙、等でも、相場は乱れます。

投資家が、普段持っている資産を、最も安全で将来性のある金融資産に、自己の資産を移動させるからですね。

こういった、時事的な要素が発生している時は、一般人はむやみにトレードするべきではありません。

逆に、そういった事象が起こらない時は、相場は基本的にはテクニカル指標である各種インジケーターに基づいた動きをします。

なので、この時にトレードをするのが基本です。

トレードをする際に、テクニカル指標の知識を勉強してトレードするわけですが、統計学の視点から見ると、各種インジケーターの、ある一定の数値が組合わさった際に、相場が高確率で同じ方向に動きやすいポイントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です