仮想通貨情報②

今年、仮想通貨バブルが来ます。

日本でこの法律を制定させたかったのは誰か・・?

それは“日本のメガバンク”です。

三菱東京UFJ銀行を筆頭に、
みずほ銀行や三井住友銀行などがいち早く
独自の暗号通貨発行の準備を進めています。

あなたは三菱東京UFJ銀行の
有価証券報告書を見たことがありますか?

その有価証券報告書には、
どの株主がどれだけの比率の株を
保有しているのかが書かれてあるのですが、
しっかりと中身を確認するとあることに気がつきます。

それは、外資系銀行や外資系ファンドの
株式保有比率が25%を超えているのです。

そして、外資系銀行やファンドの保有比率が第一位なのです。

つまり、三菱東京UFJ銀行の大株主様は
外資系の銀行やファンドであり、
日本最大の銀行、三菱東京UFJ銀行は
事実上の“外資系銀行”なのです。

そして、大株主様である外資系銀行や
ファンドのほとんどはJPモルガンや
ロックフェラー系などの銀行やファンドなのです。

これは何を意味するのか?

事実上、アメリカではJPモルガンや
ロックフェラーがアメリカという国を
支配しているといっても過言ではありません。

経済で世界の頂点に立つ国を支配しているのですから、
実質、世界の経済を支配しているとも言えます。

その巨大財閥が、日本のメガバンクに仮想通貨を発行させて
日本の富を奪いにかかっているのです。

事実、三菱東京UFJ銀行の仮想通貨の基盤となる
ブロックチェーンは、JPモルガン銀行が使用していた
ブロックチェーンの中古品レンタルです。

日本の富を奪うロジックを詳しく説明すると
論文100ページくらいになりそうなので控えます。

ものすごく簡単に結論だけ説明しますと、
円の状態では奪えない日本が生み出す富を、
仮想通貨を普及させることで圧倒的に強奪が
簡単になるということです。

このことにほとんどの日本人は気づいていません。

三菱東京UFJ銀行が新たに構築する仮想通貨の
性質を考えると、事実上、三菱東京UFJ銀行は
日本の中央銀行となります。

そして、JPモルガンやロックフェラー財閥は、
三菱東京UFJ銀行を事実上支配しており、
それはすなわち、日本の中央銀行となった
三菱東京UFJ銀行が彼らに支配されることを意味します。

*実際は現状でも支配されているのですが、
 今後はもっと激しく支配されるということです。

彼らのやり口は巧妙なので、
今後、私たちは自分でも気づかないうちに
仮想通貨と接し、仮想通貨が織りなす
経済システムの一員として暮らすこととなります。

仮想通貨やブロックチェーンに
興味がなかったとしても、
知らず知らずのうちに使っている時代がきます。

しかも、もう目と鼻の先まで迫ってきています。

IT革命やリーマンショックのときにも、
世界を代表する財閥の企みが多々ありましたが、
世界を代表する超巨大財閥が、
「仮想通貨を日本で普及させます」と言えば、
確実にそうなるのです。

彼らのパワーゲームの前では、
仮想通貨が嫌だろうがなんだろうが
普及させられてしまうのです。

改正資金決済法も2017年6月に施行されることで、
日本における仮想通貨普及はもう止まりませんし、
誰にも止められません。

仮想通貨の怪しいイメージも
彼らの手にかかれば3年後には払拭されると思います。

日本の事実上の中央銀行が外資に支配されてしまうことが
いいことなのか悪いことなのか、イデオロギー論を
講じるつもりはありません。

私たちはビジネスマンであり、投資家です。

そんなわたしたちが考えることは、
確実にくる日本での仮想通貨バブルにおいて、
どのようにビジネスマンとして、また投資家として
関わっていくのかということです。

仮想通貨は素晴らしいです。

正しくお伝えすると、
「仮想通貨のベースとなっている
 ブロックチェーン技術が素晴らしい」です。

ブロックチェーン技術と仮想通貨は世界を変えます。

IT革命以上のインパクトを秘めています。
(ある意味、ブロックチェーンはIT革命の一部ですが。)

私たちの周りにいる業界の有識者は、
数年後までに、「産業革命以来の経済革命が起こる」と
共通認識を持っています。

普段は未来の世界情勢について、
意見が食い違うこともある頭のいい人間たちが、
仮想通貨とブロックチェーンが世界を変えるという
予測には満場一致するのです。

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

日本は金融インフラに極めて恵まれた国です。

今日、銀行でお金の送金手続きをすれば、
明日には相手の銀行口座にお金が届きます。

送金手数料も数百円で、
ATMも数百円で現金をすぐに引き出すことができます。

口座管理費用なども大してかかりませんし、
銀行口座を作るための身分証明も圧倒的に敷居が低いです。

こんな環境でお金のやりとりができる国は
日本くらいしかありません。

アメリカですら、州を跨いだ国内送金の場合は、
相手に着金するまでに数日かかりますし、
数千円の送金手数料がかかります。

こうした恵まれた金融インフラの中で
生活していますから、仮想通貨が世界の
経済活動においてどれだけ重要な意味を
成すのかを、日本人は気づけないのだと思います。

重要なのでもう一度、言います。

1・日本は仮想通貨を通貨として認めました
2・日本のメガバンクが独自の仮想通貨を発行します
3・黒幕は世界を代表する巨大財閥
4・ブロックチェーン技術は経済革命を起こす
5・結論、日本で仮想通貨バブルが“確実”にくる

私たちは随分前から仮想通貨市場に参入しています。

ビットコインなどのメジャーコインも
かなりたくさん保有していますし、
これから第二、第三のビットコインになるであろう
コイン事業にも積極的に先行投資しています。

このような巨大市場ですので、
コインの直接売買だけではなく、
なんらかの仮想通貨を普及させようとする
マーケティング会社や取引所、そして銀行などへも
投資を行っています。

来たる仮想通貨バブルに備えて、
私たちの知識と経験をあなたにも
おすそ分けできればと考えています。

これ以上は長くなりますので、
また次回、仮想通貨バブルへ向けての
正しい知識と関わり方をご説明したいと思います。

仮想通貨最新情報を常に受けとるにはこちらのサービスをどうぞ

仮想通貨の爆上げ情報を事前にお知らせ致します

仮想通貨に関するご相談はこちらからお気軽にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です